« 辞意撤回じゃとやはりカモフラージュじゃのう | トップページ | K学院大学のラグビー部員が大麻で逮捕 »

2007年11月 8日 (木)

Y洋行M元専務が逮捕されたらM前事務次官も

K元防衛大臣が逮捕されるかどうかはともかく、M前事務次官もガラを取らないと格好がつかんぞえ。テレビや新聞を見る限り、メディアスクラムもいいところじゃのう。これがマスゴミじゃのう。これで仕事になるんじゃから楽じゃのう。M元専務にしろ、M前事務次官にしろ、群集心理で取材しておる。何が問題かもわかっておらん。かつてブタエモンが槍玉にあがっていて、逮捕前のことじゃ。「ライブドアの株価が下がっているがどうか」、とぶら下りで、ブタエモンを張っている記者(確かK通信の記者ではなかったかのう)が、訊いた場面がテレビに映った。他に沢山の記者がブタエモンを取り巻いていた。ブタエモンは、「株価、株価って、それが下がったからどうだっていうの?答えてくださいよ」と逆切れし、噛み付かれた記者は何も答えられなかったからのう。別のときに「楽天は、赤字の会社ですよ」とブタエモンに言われたときも、取り巻いていた記者たちは何も答えられなかったのう。要するに不勉強でバカタレばかりということじゃ。

最初の噛み付きには、「株価が落ちたらあなたの会社は立ち行かなくなりますよ。それで資金繰りが成り立っているんだから」と。後の噛み付きには、「あなたの会社も本業がどれだかわからず、金融でなりたっているし、赤字で数字を付け替えたに過ぎない」と、喉元に食いつけば終わりだったのじゃ。牙でも八重歯でも、匕首でもいいから持つべきじゃ。不勉強の輩ばかりじゃ。男も女も。大手マスコミの記者連中は。名刀を持てとは言わないから、せめてそれくらい持って欲しいのう。下手な盆暗を持たせたところで、研ぎにも出さないだろうし、それを振り回せば、仲間が怪我したり、刀に振り回されて、敵に切り刻まれる隙ばかりになるからのう。

クリントンが大統領のときに、ホワイトハウスには、70歳くらいのおばあちゃん記者がいて、クリントンのバカな発言に対して「お前がオムツをしているときから、私はホワイトハウスで記者をしている」と嗜めた記者がいた。そういう風に日本はならんのかのう。すぐに楽をしたがる輩が多いからのう、記者は。スクープの取材をするときは、一人じゃ。よく考えよ、このバカタレども。花山大吉

|

« 辞意撤回じゃとやはりカモフラージュじゃのう | トップページ | K学院大学のラグビー部員が大麻で逮捕 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 辞意撤回じゃとやはりカモフラージュじゃのう | トップページ | K学院大学のラグビー部員が大麻で逮捕 »