« M前事務次官逮捕間近じゃと | トップページ | やはり八百長だったのかのう »

2007年11月29日 (木)

後も頼めない恋女房とはのう

普通、「俺は何ら、恥ずかしいことはしていない。お前らのために頑張ってきたが、結果として司直に身をゆだねなければならん。世間の風は冷たく厳しいかもしれんが、子供たちや両親のことを頼むぞ」と恋女房に頼んで、塀の中へ落ちるものじゃ。今回は、「パパとママは、ちょっとの間、いなくなるけど、お前達、後を頼んだよ」などと子供たちに話して、自宅を後にしたのかのう。恥ずかしいのう。

大手出版社Bの月刊誌BにTなるジャーナリストが、M前事務次官と長い付き合いらしく、レポートを書いておるようじゃ。このTは、なかなかの硬骨漢でござる。彼は、Mから「もっと悪い奴がいる」と聞いたようじゃ。恐らく本当じゃろうのう。花山大吉

|

« M前事務次官逮捕間近じゃと | トップページ | やはり八百長だったのかのう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« M前事務次官逮捕間近じゃと | トップページ | やはり八百長だったのかのう »