« 産廃業者SとN市長の関係を洗え | トップページ | 防衛省スキャンダルのカモフラージュじゃと »

2007年11月 5日 (月)

ナベツネに嵌められたっぽい

無責任な党首もいたもんでござるなぁ。しかし、Y新聞のナベツネに嵌められたっぽいのう。大連立など実現できるわけがない。仮に実現したら、票を入れた選挙民を裏切ることになり、民主党は次の選挙で大敗する。党首は、選挙民や国民など全く見ていなかったようじゃのう。自分のことで精一杯だったということでござる。そして大連立が失敗した場合には、これが今回のケースじゃが、党首は辞任せずとも、梯子を外されるから、次の選挙では勝てない。愚かじゃのう。週刊誌Pは、政治評論家Wとべったりじゃが、Wはこの無責任党首とべったりで、Pは党首と二人三脚じゃったからのう。ニッポンの政治家は、二世、三世議員ばかりじゃが、もうそんな温室育ちでは、舵取りは難しいぞえ。花山大吉

|

« 産廃業者SとN市長の関係を洗え | トップページ | 防衛省スキャンダルのカモフラージュじゃと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 産廃業者SとN市長の関係を洗え | トップページ | 防衛省スキャンダルのカモフラージュじゃと »