« かの国の崩壊は時間の問題 | トップページ | あの会長はどこかの筋者 »

2007年10月 3日 (水)

あの長いサーベルで首を刎ねたら英雄に

北と南のトップがあったとか。前回も書いたが、北の人々が大量流入することになるから、南は統一なんぞしたくないはずじゃ。バカでもチョンでもいいから、国民が恐れる狂人を頭に据えておけば、とりあえずは、周辺国は安泰なのじゃからのう。まさにバカチョンじゃのう。

北と南のトップが並んで歩くのを先導する係りの軍人なのかしらん。長いサーベルで、金に斬りかかれと、思わず念じてしもうたよ。模造刀ということはないと思うが、仮にそうだとしても致命傷を与えることは十分に可能なはずじゃ。さすれば、あの軍人は、暗黒の歴史に終止符を打った男として、後世語り継がれる英雄になったのは間違いない。

かなり可愛いとされる若手女優Sの生意気振りが問題になっとる。花の命は短い。多分、あの女子は頭が頗る悪いようじゃ。前にも美人女優と持て囃されたHがいたのう。似たような感じじゃて。ハワイの寿司職人と結婚したり、日本でサラリーマンと結婚して子供を産んだ、帰国子女のHじゃ。プッツンで生意気で、それほどの演技力もない。共通するのは、可愛いとか美人を鼻にかけているだけじゃ。Hの賞味期限は既に切れた。Sも多分まもなく切れるであろう。だって一緒に仕事したくないでござろうが、スタッフも。要らぬ気を遣ってエネルギーを消耗しながら、ドラマやら映画を作ってもいいものができるはずがないからのう。性格の悪さは親に責任があるのう。あのキレタ顔は、怖くて気持ち悪い。怖いというのは、犯罪を犯す顔だからじゃ。事件もそのうち起こすかもしれんのう。あいのこだか、四分の一だかしらんが、遊び相手ならいいが仕事は皆嫌がる。まもなく賞味期限が切れますぞえ。一度貼られたレッテルは容易に剥がれないし、ようやっと剥がれたとしても跡が残るもの。そこだけ色があせていなくて、いつまでもあの女優と言われる。顔だけで、スタイルや演技がイマイチなのに愚かじゃのう。花山大吉

|

« かの国の崩壊は時間の問題 | トップページ | あの会長はどこかの筋者 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« かの国の崩壊は時間の問題 | トップページ | あの会長はどこかの筋者 »