« 女子陸上短距離選手がステロイドで金メダル剥奪 | トップページ | ジャーナリストYの親密なネタ元Oも »

2007年10月11日 (木)

新聞記者→テレビは癌になるのかのう

新聞記者からテレビコメンテーターになった輩が2人も癌になった。どちらもジャーナリストを棄てて暫く経つ。どちらもかつては、名刀を振り回しておったのかもしれんが、今や錆び付いた大小を抜くこともできないでおる。頓珍漢なコメントをしても平気でおるしのう。法螺吹き浪人が、「昔はよく人を斬ったものじゃがのう」と自慢話ばかりするが、それと似ておる。電波芸者ともいうらしいが、やはりテレビばかりに出るようになったら、ジャーナリストは終わりじゃのう。お笑い芸人が、いつのまにか上り詰めるに従って、司会や仕切り役になるのと同じじゃ。いずれにしても賞味期限切れじゃ。賞味期限を延ばすも切らすも本人次第じゃが、あの2人はもう無理じゃ。片方にはR疑惑もあるというしのう。銭銭銭銭。浅ましいのう。このバカタレが。花山大吉

|

« 女子陸上短距離選手がステロイドで金メダル剥奪 | トップページ | ジャーナリストYの親密なネタ元Oも »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 女子陸上短距離選手がステロイドで金メダル剥奪 | トップページ | ジャーナリストYの親密なネタ元Oも »