« 口ポカと毒キノコ | トップページ | 英会話学校に資産はなかろう »

2007年10月31日 (水)

週刊誌Gのスクープ連発にやっかみか

週刊誌Gがスクープを連発しておる。口ポカ女の不倫に、N市長のエロバカぶり、相撲部屋殺人、不良横綱の八百長など数知れない。それでだろうか、口ポカ女のエロエロ不倫については、他の媒体が、どこが問題なのか、自由恋愛であると言ったピント外れの論評をしておるようじゃ。大手新聞社系の週刊誌Aの編集長は、元々ゴルフ雑誌出身で、ジャーナリズムのイロハもおぼつかない御仁らしいが、口ポカ女を擁護しておったようじゃ。悔しいのかのう。それなら、品のないことをやらずに、正面から凌ぎを削るべきじゃ。4ちゃんのワイドショー司会者Nも、男側の売名行為といったようじゃ。Nは、元々なんでテレビに出ているのか、見ていると不愉快になる輩でござる。何でも石原裕次郎のファンとか。頭がいいわけでも、芝居がいいわけでも、歌が歌えるわけでもない。恐らくスタッフとの関係が濃密なだけの話でござろう。こういう輩に、ニュースを論評する資格はない。お笑い芸人や役者が司会を務めるケースが増えておるが、要するに仕事がないのか、選ばないのか。スタッフも視聴率しか考えておらんじゃろうし、それで使いやすく、仲の良いNみたいな毒にも薬にもならない者が諜報されるようじゃ。雑誌にスクープを抜かれたら、それはそれで褒めてやるくらいの度量がなければ、いい媒体にはならない。特に編集長がテレビに出ているような雑誌は、落ちぶれていく。これはジンクスじゃ。バカタレばかりで笑いが止まらないぞえ。花山大吉

|

« 口ポカと毒キノコ | トップページ | 英会話学校に資産はなかろう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 口ポカと毒キノコ | トップページ | 英会話学校に資産はなかろう »