« いうた通り美人ではなかったでござろう | トップページ | 新聞記者→テレビは癌になるのかのう »

2007年10月 9日 (火)

女子陸上短距離選手がステロイドで金メダル剥奪

確かジョイナーも、何とかいう選手も、ルイスもそうでなかったか。金メダルのために。浅ましく汚いのう。確か、水泳自由形のオーストラリア選手もそうでなかったか。あの全身を鮫肌で包んだようなスイムスーツの大男じゃよ。すべて銭のためかのう。何がスポーツマンシップじゃかのう。スポーツ金満シップではないかのう。毛唐の国のトップアスリートは信用でけんぞ。皆、プロじゃしのう。プロは、勝つためにあらゆることをやってしまう。イリーガルぎりぎりのことは勿論、ぎりぎりを越えることもある。

日本の武道は、五輪競技にしないほうがいい。柔道はもう武道ではなくなりつつある。これから先も剣道や弓道や合気道や空手(非半島系)などは、肉体鍛錬と精神修行を稽古の目的としてほしいのう。金メダルを目的に、敵に勝つことを念頭にしたときに、武道ではなくなることを心して欲しいのう。世界に通用するスポーツと武道は違うのじゃ。武道は武道の世界であればよい。その精神性は、五輪的な国際性とは別な次元で、一部の毛唐に崇拝されておる。そういうことを理解しないといかん。武道に薬物は無縁じゃ。精神修行じゃからのう。武士は、そういったことも心得る必要がござるぞえ。花山大吉

|

« いうた通り美人ではなかったでござろう | トップページ | 新聞記者→テレビは癌になるのかのう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« いうた通り美人ではなかったでござろう | トップページ | 新聞記者→テレビは癌になるのかのう »