« 何でもY市のN市長が勘違い | トップページ | あの長いサーベルで首を刎ねたら英雄に »

2007年10月 2日 (火)

かの国の崩壊は時間の問題

どうもかの国の崩壊が始まったようでござる。北朝鮮のように、民度が低いわけでもないし、国民は腰抜けでもない。さらに北朝鮮のように崩壊したところで、周りの国にはさしたる被害が及ばないからでござる。北の場合は韓国も中国もロシアも、生活の苦しい北の国民が流入しては大混乱するからでござるな。かの国の国民は賢いし、勇気もある、崩壊して流出するのは軍幹部だけでござる。

どうも1990年代のようなことにはならんぞえ。首都移転で金をたいそう使ってしまったようだしのう。亡命資金だか逃亡資金だかの入っている金融機関を凍結したら面白いぞえ。軍幹部の首がゴロゴロと転がるのも遠くはないかもしれんて。かつて丸紅の榛名氏がかの国の軍幹部に見せられたビデオと同じようなシーンでござるよ。このときは日本の経済人を脅すために見せたようじゃがのう。

ところで事件屋にネタを貰いに行くジャーナリストは、事件屋になるという格言を提唱しようかのう。取材して裏をとりしこしこと記事を書くのがバカらしくなるんじゃ。YとかWとかTとかNとか、挙げだすとキリがないけれども、事件屋ライターはBJでござるからのう。各々方。花山大吉

|

« 何でもY市のN市長が勘違い | トップページ | あの長いサーベルで首を刎ねたら英雄に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 何でもY市のN市長が勘違い | トップページ | あの長いサーベルで首を刎ねたら英雄に »