« ジャーナリストのUとNについて | トップページ | お笑い芸人RのMの記事について »

2007年10月 1日 (月)

ジャーナリストWは事件屋かゴロか

北朝鮮やフィリピンなどの取材で、ときおり出てくるジャーナリストWが、住居侵入容疑・ストーカー行為で逮捕された。経歴は、眉唾で目が開けられないほどじゃ。前に平和相互銀行創業者一族の周辺にいたという噂もある。

テレビ局はこの手の怪しさによって、精度の高い情報を持っているという雰囲気が画面に表れるために重用してきた感じもござる。一部の週刊誌も。彼の特徴は、いつも事件の現場にいて、事件を作るというか、仕込んでいるような印象が強い。当事者とは言えないまでも、第三者では決してない。学歴などどうでもよいが、殻のプロファイルは、かなり疎で、大事な部分は省かれている。書かないジャーナリストは今の世の中多数いる。ジャーナリストに資格もないとは前にも書いたかもしれぬ。フリーライターとかジャーナリストとか、名刺一枚で何とでもなる職業は、本当に自ら厳しく身を律しないとならない。ただし、これまでWが書いたと言われるもの、つまり編集者がネタを元に記事に仕立てたようじゃが、それを読んでみると、問題を追及して、権力組織や誰かに斬りかかるというよりも、誰かのエージェントをしてしたり顔で話している感じがするものばかり。要するに噛み付く牙も八重歯も、侍ならば大小も持たずにやっているわけで、事件屋、口先ゴロ、政治ゴロ、あちら風にいうとロビー活動している感じでござる。いい年をして、30も年の離れた女性の郵便受けに汚物を入れたと報道されておる。自分の糞じゃろうか。お前のような奴がいるから、フリーのジャーナリストは白い目で見られるのじゃ。このバカタレが!!花山大吉

|

« ジャーナリストのUとNについて | トップページ | お笑い芸人RのMの記事について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ジャーナリストのUとNについて | トップページ | お笑い芸人RのMの記事について »