« 俺が俺がのさもしい輩 | トップページ | 先に書いた者が勝ちでござろうか »

2007年10月26日 (金)

金に謝罪しておるK家親子

最も解りやすい話であるが、信頼できる筋からの話でござる。拳闘一家の三兄弟と父親の問題でござるが、ほとんど文字が読めないとも言われる父親だが、彼が謝罪しているのは、実は金に対してらしい。そうだろうのう。胃の中の蛙だけに、金しかないだろうのう。頭は悪いし、性格も最悪な癖に、全く無意味でハッタリでしかない似非プライド。奴がひれ伏すのは、誰彼でなく、金である。あの卑しくさもしい顔には、確かに金、金、金、金、金、……。とある。奴は日本人とは思えぬ。死んで子供たちに詫びるべきかも知れぬ。将来ある子供たちへの責任を取るにはそれしかなかろうが。この低脳のバカタレが。花山大吉

|

« 俺が俺がのさもしい輩 | トップページ | 先に書いた者が勝ちでござろうか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 俺が俺がのさもしい輩 | トップページ | 先に書いた者が勝ちでござろうか »