« あの父親は反省しておらんぞえ | トップページ | 元M事務次官と防衛省の存在意義 »

2007年10月18日 (木)

かの国の化学遺棄兵器処理事業

パシコンの元社長が何故特別背任になるようなことができたかを説明してしんぜようかのう。それほど難しい話ではなくて、じゃぶじゃぶに予算が投入されておるからじゃ。外務省やら旧防衛庁やら旧環境庁やらがいろいろと絡んでいたりする利権で、かの国へ行くと、その処理のために道路を建設しろと言われて道路を作ったり、一流ホテルで豪華なパーティを開かされたり、いろんな施設を建てさせられたりして、無害化するというよりも、かの国のバカタレどもに毟り取られているからじゃ。そんな要らないものにまで、じゃぶじゃぶ予算が取られるならば、このくらいなんでもないと思って、摘んでしまった1億円ということじゃ。平塚市の方でもいろいろとパシコンは弾けそうじゃのう。このバカタレどもが。花山大吉

|

« あの父親は反省しておらんぞえ | トップページ | 元M事務次官と防衛省の存在意義 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« あの父親は反省しておらんぞえ | トップページ | 元M事務次官と防衛省の存在意義 »