« 元M事務次官と防衛省の存在意義 | トップページ | 命令が神経の先端にまで行き渡ってこそ機能するものでござる »

2007年10月22日 (月)

名物に美味いものなし

白い恋人。赤福。旅の土産を頂いたとして、それが仮に不味い物や変な味のものだったとしても、貰った相手や製造会社へ文句をいう者はあまりいないのではなかろうか。とりあえず、こんなものだろうとたかをくくり、捨ててしまうことで、一件落着してしまう。だから土産菓子会社は、ずるをする。銭金銭でござる。

旅の土産ほど迷惑なものはない。食品添加物は山盛り入っており、製造会社は地元でなかったりもする。はっきり言おう。旅先では、土産に適当に菓子などを買うものではないし、逆に相手に失礼になることを心得るべきである。金も勿体無い。そして不味いからでござる。

赤福から広告を貰っているから記事化しないのはもってのほかでござる。のうB社よ、S社よ。思う存分叩き斬りなされ。広告と悪は関係ない。花山大吉

|

« 元M事務次官と防衛省の存在意義 | トップページ | 命令が神経の先端にまで行き渡ってこそ機能するものでござる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 元M事務次官と防衛省の存在意義 | トップページ | 命令が神経の先端にまで行き渡ってこそ機能するものでござる »