« ジャーナリストYの親密なネタ元Oも | トップページ | ヤクザよりも性質が悪い父子たち »

2007年10月12日 (金)

相撲道という武道はない

相撲取りやその親方による事件が相次いでおる。連日十日以上も戦わなくてはならない格闘技などない。真剣勝負ではないのか、それとも格闘技ではないということでござろう。力士というが、脂肪の多さも他の格闘技に比べて並外れておる。他の格闘技へ転職しても弱いのは仕方ない。相手に致命的な攻撃やそれに類する攻撃を与えて勝敗が決まるわけではないからのう。つまり格闘技というよりも興行でござるな。要するに金じゃのう。何が相撲道じゃ。笑止。相撲道という言葉は、不釣合いなので、相撲興行というてくれんかのう。

頭が良い相撲取りというのは、中にはおるんじゃろうが、その素行やら言動やらからすると、おるとは思えないのう。理事長も偉そうなだけで、常識と礼節がない。かの外人横綱は品格がない。いずれも金の匂いばかりが漂っておる。

かつて浴衣にちょんまげ姿で、ジュリアナズ東京へ出入りする相撲取りやらも、芝浦で見かけたことがある。あの姿で何故に踊らなければならないのかのう。女子目当てかのう。目つきの悪い相撲取りであったのう。その後事件でも起こしていたかもしれん。大飯と大酒を食らうが、ほとんどはただのデブで、頭も悪く、潰しが利かないから、ちゃんこ屋程度しかできない。皆の衆、金の亡者ばかりのデブの集まりを持ち上げるのはよそうではないか。拙者は、あれを国技とは認めないぞえ。このバカタレが。花山大吉

|

« ジャーナリストYの親密なネタ元Oも | トップページ | ヤクザよりも性質が悪い父子たち »