« かの国の化学遺棄兵器処理事業 | トップページ | 名物に美味いものなし »

2007年10月22日 (月)

元M事務次官と防衛省の存在意義

やはりY洋行とM元事務次官は、ぐずぐずだったようじゃのう。女性初のK元大臣との鞘当の背景には、MとY洋行の関係を前にも述べたが、Mはガラを取られるぞえ。いろんな省庁を順番に掃除するのが当局の狙いのようじゃのう。Mは、ほとぼりが冷めるまでは、どうしても防衛省で実権を握っていなければならなかったのじゃ。Y洋行の専務は、Y洋行からできる部下を引き連れてN社を設立して、Mにいろいろと袖の下みたいなことをやっておったからのう。Mも覚悟を決めたかのう。

油の問題もどうかしておるのう。量を間違えたり、資料を噴出したり、上司に報告しなかったり、それが事実ならば、もう国を自衛する機能を自衛隊は失っておる。解散すべきである。都合が悪いためにそういうことを故意にしたならば、それも同じ。いずれにしても、平和ボケの集団である。海上保安庁や警察庁の方が、外国と対峙した最前線で戦争に近いことをしておる。あくまで内政問題としてな。

ただし、M元事務次官も裸の王様だったようで、事務方の組織防衛機能は働いたようで、内部告発と組織適正化が進んでいるようじゃ。これは国民としては喜ばしいが、軍隊としては腐っているというほかない。しっかりした軍人が育っていないということでござる。おっと自衛隊は軍ではなかったのう。自衛隊はやはり、無用じゃのう。花山大吉

|

« かの国の化学遺棄兵器処理事業 | トップページ | 名物に美味いものなし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« かの国の化学遺棄兵器処理事業 | トップページ | 名物に美味いものなし »