« このままでは元ラスプーチンI危機に | トップページ | 日本人も在日も »

2007年9月25日 (火)

NHKがコメントをとってないのかのう

少し前に書いた女性ジャーナリストにコメントを取ってないのに、コメントをとったようにNHKが報道したとかしないとか。さて、NHKと女性ジャーナリストのどちらに軍配があがるのか。コメントを取るというか、反応を見る場合に、「当てる」という言葉を使うが、NHKが女性ジャーナリストに当てていないとすれば、大変なことじゃぞえ。恐らくNHKの記者が当てているとすれば、ICレコーダーで録音しておるはず。しかし、当ててないのに当てたと上司に報告して、ニュース記事を書いてしまったとすれば、これは問題。当てた当てないは、すぐに白黒がつく。すぐバレてしまうウソをつく記者は、はっきり言ってクビにした方がいい。頭が悪いからでござる。実際に当てたのか、コメントは出したのか、当ててないのか。面白いことになりそうでござるのう。どちらかは、バカタレじゃのう。花山大吉

|

« このままでは元ラスプーチンI危機に | トップページ | 日本人も在日も »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« このままでは元ラスプーチンI危機に | トップページ | 日本人も在日も »