« 前に予想したでござろう | トップページ | 敢えて死者に鞭打とうかのう »

2007年9月 3日 (月)

己の器はわからぬものでござるが

武士道とは死ぬことと見つけたりなどと、よく言われておるが、その真髄は、自分の器を見極めることでござる。それにしても、首相の器ではなかったのう。もう3人目の農相となるのう。なぜ、このタイミングで共済の不祥事が出るのかというと、首相に反旗を翻しておる筋が流しておるからじゃ。もっと前に弾けてよかったのじゃがのう。

首相のご母堂様は、元首相の娘らしいが、ご母堂様に申し上げたい。もう日本を詰まらぬ意地で弄ぶのは、およしなされ、冥土の土産になりませぬぞ。天国で会えるのか、地獄で会えるのか知らんが、父上や夫君にどやしつけられますぞえ。日本の行く末を危めたと。どちらが長くもつかのう。ご母堂様と現政権と。花山大吉

|

« 前に予想したでござろう | トップページ | 敢えて死者に鞭打とうかのう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 前に予想したでござろう | トップページ | 敢えて死者に鞭打とうかのう »