« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月28日 (金)

かの国とわが国日本は旧い関係にござる

かの国の国内が荒れておるのう。軍事政権なので無理もない。つい最近、非公開だった首都移転も明らかになったはずじゃ。首都移転など、軍政でなければ到底できない。かの国は、日本と長く旧いつきあいじゃ。それだけに、国の幹部同士が傷を舐めあう傾向がござる。国民は、頭脳優秀にして勤勉、手先が器用で、人柄もよいということで、日本人とは仲が良いのもわかる。

だから、軍政をすぐに日本は認めたわけでござる。握りというやつじゃ。90年当時、かの国の在日大使館は、品川区の御殿山周辺にあったが、その空中権を約580億円で購入したバブリーな会社がござった。財界の二世を育成する専門学校をやっていた元建設不動産関係の会社でござる。その抵当権をつけたのは、旧富士銀行。空中権とは上に建物を建てられる権利じゃ。これが国土法違反に当たるのかどうかと、当時物議を醸した。ただし、抵当権に一部街金が噛んでいたものがあったりしたもんだから、問題になった。これが民政派にわたると、ひと悶着おきるのは間違いないからでござる。

結局その会社は、倒産したが、代表は、かの国で国賓待遇を受けている。同国のビジネスに関して、彼に話を通せば、軍政もばっちりバックアップしてくれるようじゃった。

在日大使館内でも、民政派と軍政派にわかれていて、建物の中で、プラスチック爆弾が発見されるなど物騒な建物なんじゃが、約580億円はどうなったのかというと、ある第一書記に渡り、アジア系の大手金融機関に振り込まれたそうじゃ。このときに、さる将軍の娘さんによる民主化運動が花盛りで、軍政最高幹部の亡命資金になるという話じゃった。今もその金がどこかにあるはずじゃ。

そろそろ軍政も潮時かのう。学生や坊さんに発砲したときはおしまいじゃぞえ。ジャーナリストに発砲するとはもう終わりじゃのう。花山大吉。

| | コメント (0)

2007年9月26日 (水)

日本人も在日も

ある在日の方からこんな話を聞いた。その方は、北出身じゃそうな。北と南は勿論、仲が良くない。じゃといって、北同士だから皆仲がいいかというと、そうではないし、また南同士だからといって、皆仲がいいかというとそうでもないとか。同朋意識が高いと言われるが、かえって逆に働くことが多く、嫉み妬みや陥れることが多々あるんじゃそうな。これは国に関係ないということらしい。じゃから在日だからといって、ひとくくりに考えてはいけないとご忠告を頂いたのでござった。花山大吉

| | コメント (0)

2007年9月25日 (火)

NHKがコメントをとってないのかのう

少し前に書いた女性ジャーナリストにコメントを取ってないのに、コメントをとったようにNHKが報道したとかしないとか。さて、NHKと女性ジャーナリストのどちらに軍配があがるのか。コメントを取るというか、反応を見る場合に、「当てる」という言葉を使うが、NHKが女性ジャーナリストに当てていないとすれば、大変なことじゃぞえ。恐らくNHKの記者が当てているとすれば、ICレコーダーで録音しておるはず。しかし、当ててないのに当てたと上司に報告して、ニュース記事を書いてしまったとすれば、これは問題。当てた当てないは、すぐに白黒がつく。すぐバレてしまうウソをつく記者は、はっきり言ってクビにした方がいい。頭が悪いからでござる。実際に当てたのか、コメントは出したのか、当ててないのか。面白いことになりそうでござるのう。どちらかは、バカタレじゃのう。花山大吉

| | コメント (0)

このままでは元ラスプーチンI危機に

総裁選はF。元ラスプーチンのIは焦っているのではないかのう。だって、派閥談合型政権でござるからのう。たくさんの恨みつらみが固まっておる。Iに対するものじゃ。事務所を正式に辞めたかどうかはわからんが、辞めてしまうとアウトじゃ。

そういえば、群馬の廃タイヤリサイクル業者は、もともとFの父の秘書の利権業者だったそうじゃ。複雑じゃのう。こうした因縁もあって、かなりやばいぞえ。花山大吉

| | コメント (0)

2007年9月18日 (火)

あの名物秘書官が辞表提出で当局は色めき立つか

前首相の秘書官が事務所に辞表を提出したと報じられておる。総裁選挙云々の話はどうでもよいこともないが、ここでは触れぬことに致す。辞表によって事務所を辞めた場合どうなるかを予想しておこうかのう。

後ろ盾を失くしたラスプーチンならば、当局も燻っていた案件に着手できるのではないかのう。下手すると、ラスプーチンは塀の中へ転げ落ちるぞえ。敵が多いからのう。敵が多いことは評価できることの裏返しではあるがのう。早まったのう。事務所は慰留するらしいから、早めに頭を丸めて謝罪することじゃのう。おっと、もう髪の毛は残っておらんかったのう。では、全身の毛を剃るしかないのう。でないと寝首を掻かれるぞえ。現役のとき、寝首掻きは、秘書官のお得意じゃったがのう。自分を前首相と勘違いしたのではないかのう。自分の器を知り、親分の器を大きく見せることが秘書の仕事じゃのにのう。

廃タイヤのリサイクル処理業者のM周辺やら経産省外郭団体からの補助金やらはかなり臭いからのう。廃タイヤのチップは北朝鮮へ輸出されておるしのう。面白くなりそうじゃのう。それから秘書官のお先棒を担いでおるジャーナリストの辺りも、火が消えたと見えたが下手すると燻り始めるぞえ。花山大吉

| | コメント (0)

A首相は衆議院も引退とか

真意のほどは定かではござらん。しかし、もうA首相の使い道はござらん。確かに。抜け殻状態のようでござる。例え病院から退院してきたとしtげ、生き恥を曝しながら、国会で仕事をするのは無理であろう。普通に考えて、再起はありえん。

大した実績もないから、大臣にもなれない。下手すると残りの人生は、笑われるだけになってしまう。すると、A首相の取るべき道はほとんどないのでござる。引退か、死へと逃げるか、病院で本格的な病気となるのか、いずれも引退となろう。器でないものが欝とはのう。笑えないのう。花山大吉

| | コメント (0)

2007年9月14日 (金)

女性ジャーナリストで凄い方も沢山おられるが

何でも、父親を殺そうとしたが継母と年下の兄弟を放火して殺してしまった少年の本を書いた女性ジャーナリストがいる。本の中で、少年の精神鑑定をした医師から、少年の供述調書を入手して本に掲載したことが問題となっておる。本人は報道と少年法云々といっておられるようだが、そういう次元の問題ではない。出版社Kも同様でござるが、あさましい、売らんかなの本でござる。ジャーナリズムや報道云々ではござらん。週刊Sや廃刊となった写真誌Fがよくやっている、凶悪犯罪を犯した少年の顔写真を載せるというのとも違う。これはこれで根性が入っているからのう。この二誌を創刊したS翁は、国民は悪い奴の顔がみたいとのたまったからのう。

ネットでは、この女性ジャーナリストの御仁、取材先その他といろいろとトラブルを起こしているようで、被害を蒙った人々によるサイトが開設されておった。要するに取材される側の人々の心を踏みにじり、自分と書いた本や記事を売るために、何でもやるような感じでござる。ジャーナリストは、一般庶民から恨まれるような職業ではござらんぞ。悪い奴らから逆恨みされるような職業でござる。

所属事務所は、大手家電メーカー系なのか、アルファベット3文字の大きなところに所属しておるとか。フリーのジャーナリストではないということか。確かにジャーナリストの集団のような事務所はたくさんあるが、ここは芸能事務所みたいでござる。もともと出発点が違うようじゃのう。

結果として三人も殺してしまった少年に関する言及は、ここでは避けるが、かなりの背景があるようでござる。それを飯の種にするようなことをやってはならん。それも非合法か違法性の疑いのある方法で。いろんな分野があるが、まずは正々堂々とやってほしいのう。花山大吉

| | コメント (0)

自民党総裁選にFが出るらしいが

Fは、大臣と言えば、沖縄開発庁長官くらいしかやったことはない。官房長官は、はっきり言って、大臣とは違う。力のある役所の後ろ盾がない。よく言えば、族議員ではないと言うことだが、官のバックアップがないと、プライドばかりが高いFは、梯子を外されかねない。また短命内閣に終わる。Aは、少数派だし、今回はわざと負け戦に望み、次を狙ったほうが得策とみている模様でござる。誰がなっても大して変らないが、中国のハニートラップにひっかっかったバカだけは、総裁選に出てはならんぞ。T!お主のことだ。このバカタレが。花山大吉

| | コメント (0)

2007年9月13日 (木)

流石!F誌編集長の分析!

会員制雑誌Fは、もっとも面白く情報精度の高い内容であることを、前にもここで取り上げた。編集長A氏のブログでは、今回の辞任表明劇を幹事長と官房長官のクーデターに対する、反撃だったとしている。う~む、流石でござる。後ろから刺されて、そう簡単に政権を渡すわけにはいかないと、お前がなるとしても、道連れにしてやるということらしい。恐らくこのベクトルは、幹事長に向かっている。まさかこれもご母堂様の指図ではあるまいのう。花山大吉

| | コメント (0)

2007年9月12日 (水)

ご母堂様は晩節を汚したのう

ご母堂様よりも先に、首相が退陣することになったようでござる。ご母堂様はさぞかし無念かもしれんが、ご子息は器ではござらん。それを見誤ったご母堂様は、自ら晩節を汚されたのう。夫君や父君にあの世でなんと報告する気かしらん。官房長官以外に大臣らしい大臣を務めておらんし、はっきり言って、泥を被る参謀が一人もおらんし、敵は敵で中に包み込む器量もない。マスコミを敵と見るや、即座に訴える。勝てない喧嘩も名誉のためにやる。宰相の器ではない。

ご母堂様、息子を可愛がるなら、息子の器量を見極めて可愛がらないといかん。夫の仇をとったつもりでいたようじゃが、日本の国を貴女のエゴで動かしてはならん。まずは、冥土で泣き崩れる練習でもしたらどうかのう。ご母堂様。貴女のような母親をもって、首相は不幸でござった。花山大吉

| | コメント (0)

独善的な毛唐はそろそろ退場してほしいのう

毛唐の国、メリケンで、コククジラを殺したワシントン州先住民族のマカ族5人が逮捕・拘束されたそうでござる。

この先住民族には、もともと捕鯨の習慣があったそうでござる。毛唐は、自分達が正しいと勘違いして、他民族に押し付けるから手に負えない。日本人も含めて、やつらが優秀な民族だという錯覚に陥っている。彼らは大したことござらん。商売にしろ、戦争にしろ、内政にしろ、杜撰極まりない。では何故、彼らが世界を席巻しているかというと、声がでかいからでござる。

金とかいう半島の独裁者には反吐が出る。人の国から貰った金で核開発などヤクザでもやらんからな。ただし、すべて自前で核開発をやったとすれば、毛唐の国はほとんどやっているわけで、とやかく言われる筋合いはない。お前らが先にすべてを廃棄してから言えということも正論味を帯びる。勿論、金の国では、金も技術もないから、自前ではない。核開発をやる権利は露ほどもない。

毛唐が牛を食うのは勝手じゃ。狂牛病になるのも勝手でござる。ただし人の国の食文化や、狂牛病の牛を輸出するでない。鯨を取って食ったからって、何が悪い。貴様らの狂牛病で解けて偏った脳みそを何とかせい。このバカタレが。花山大吉

 

| | コメント (1)

2007年9月11日 (火)

脇の甘いジャーナリストR

企業からモノを送られてきても、送り返すのがジャーナリストでござる。ところが週刊誌の契約記者を経て、フリーランスとなったRという男は、大手消費者金融Tから稲庭うどんを送られてきても、「美味しかった」などと惚けている輩でござる。袖の下も貰っているという話もある。便所蟋蟀に似ている。花山大吉

| | コメント (0)

2007年9月 5日 (水)

M前事務次官は国でなく己を防衛する

悪の話ばかり続くが、辛抱されよ。M前事務次官が常任顧問に就こうとしたら、大臣から蹴られた。当たり前じゃ、戯け!お主は、自分に司直の手が及ぶかどうかの情報を逸早く入手し己を防衛するため、そして役所を退官後も私物化し、権力を振るおうとしたのでござる。塀の中へ落ちて頭を冷やせ!このバカタレが!花山大吉

| | コメント (1)

2007年9月 4日 (火)

敢えて死者に鞭打とうかのう

わが国日本では、死者に鞭打つことを忌嫌う、だが、それでは、そやつに殺された者達や見殺しにされた者達は、浮かばれまい。死のうが生きようが、悪い奴を悪いというのが侍でござる。瀬島龍三が死んだ。敢えて氏はつけないことにいたす。共同通信の社会部記者らが書いた「沈黙のファイル」という本がある。瀬島の悪振りを暴いた内容でござる。はっきりいって国賊の部類であることがわかる。瀬島はこの本に異を唱えていない。会長だった伊藤忠商事から圧力があったのかしらん。本の後半では、尻すぼみ状態なのがちと残念だが、瀬島を国士だとか、政財界のご意見番というのは、本当の彼を知らぬ者が使う提灯文句でござる。拙者なら「国賊の」あるいは「生き恥晒しの」とつける可能性が高い。伊藤忠商事で何故、社長就任を断り続け、ついに社長にはならなかった。その理由は、とてつもなく巨大な後ろめたいものを背負っており、それを自覚していたからでござる。分を弁えているともいえるが、社長を受けたときには袋叩きに合うことは目に見えているから、それを避けた卑怯者という見方もできる。伊藤忠は当時多くの闇を抱えておったからのう。

悪いが、奴はワルでござる。悪いものは悪い。よって合掌などすまいぞ。英霊は皆天国におられる。瀬島、お主、そこへは行けまいぞ。心して三途の川を渡るがよい。渡り賃は、この世でいやというほど稼いだはずじゃて。花山大吉

| | コメント (0)

2007年9月 3日 (月)

己の器はわからぬものでござるが

武士道とは死ぬことと見つけたりなどと、よく言われておるが、その真髄は、自分の器を見極めることでござる。それにしても、首相の器ではなかったのう。もう3人目の農相となるのう。なぜ、このタイミングで共済の不祥事が出るのかというと、首相に反旗を翻しておる筋が流しておるからじゃ。もっと前に弾けてよかったのじゃがのう。

首相のご母堂様は、元首相の娘らしいが、ご母堂様に申し上げたい。もう日本を詰まらぬ意地で弄ぶのは、およしなされ、冥土の土産になりませぬぞ。天国で会えるのか、地獄で会えるのか知らんが、父上や夫君にどやしつけられますぞえ。日本の行く末を危めたと。どちらが長くもつかのう。ご母堂様と現政権と。花山大吉

| | コメント (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »