« ジャーナリストとゴルフは水と油 | トップページ | 早くも敗北宣言か »

2007年7月23日 (月)

東京電力はBJも大切にする

中越の地震で、東京電力の柏崎刈羽原発から放射性物質を含む水が漏れ出ていたそうでござる。東京電力は、緊張感がないのう。インフラ系は何があっても倒産しないし、電力料金は高いし、トップから末端社員まで安穏としてられる。危機感ゼロ。そんな輩にこれほど危険なものを任せてよいのかと思う。彼らは、BJよりも原発反対派を恐れるし、警戒している。だからBJのいうことを聞いたり、およそ誰も読んでいないような、雑誌であろうがほいほい広告を出す。情報を取れるからだという建前らしいが、そんな雑誌で何の情報が取れるか。原発反対派の情報かな。無理でござろうな。

原発と種子島から飛ばすロケットを足して、もう一工夫すると、核兵器になる。いつでも作れるのだという、ブラフになるのでござる。だからインフラ事業というだけでなく、国に守られておるのだ。しかし、今回の問題にしろ、数年前の原発トラブルにしろ、やはり緊張感のない輩には任せておくと大変なことになる。どこかの国が原発を攻めてこられたら、セキュリティーも甘いし、すぐにトラブルから、我が国民をわが国の原発で被災させる危険性が極めて高い。トップから末端社員まで、厳しい処分をしないと緊張感もうまれないのではないか。もう無理でござろうか。やばいのう。自衛隊に守ってもらうこともできないのかのう。自衛隊が出てくると、戦争になってしまうからのう。やはり警察かのう。やばいのう。花山大吉.

|

« ジャーナリストとゴルフは水と油 | トップページ | 早くも敗北宣言か »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ジャーナリストとゴルフは水と油 | トップページ | 早くも敗北宣言か »