« 面白いは週刊誌Sだけ | トップページ | 見掛けは侍でござる。失笑 »

2007年7月13日 (金)

傑出した美形でござる

昨日昼間、某国営放送の番組に出演していた、美人女優NNには参った。絵の才能があり、完成されたものには魅力を感じない、引っ張ってくれるタイプが好き、好きになると夢中になり、好きなのに意地を張って知らん振りするなど、あっけらかんといろんなことをのたまった。頭の回転も宜しい。性格は「捻くれている」と自負していたが、そうではあるまい。歯並びも美しい。確かこんにゃくゼリーあたりのCMだったと思うが、笑うと口の両端がきゅっと上がって、美しい弓なりの三日月形になっていたのを記憶している。演技も素晴らしい。高校生の時に描いた絵の横に立つ本人(当時の写真)も、さらに初々しいだけで、ほとんど今と変わらない。つまり整形美人ではない。そして、最もびっくりさせられたのは、「ガラスのアンティークや小物が好き」だということで、番組に所蔵品を持参し紹介したシーンだ。

梨園の長女で女優のTSは、先ごろフランス人と結婚したが、その披露宴でもらったという代物が登場した。ワゴンの上には、ガラスのカバやら一輪挿しやら花瓶やらいろいろなものが乗っていた。その「引き出物に白い綺麗な石が入っていた」そうで、それを「大事に飾っている」と何気なく語ったのだ。

画面手前に不揃いの碁石風の白いものが幾つか並んでいた。すかさず、女性アナウンサーが、「それ、チョコレートじゃないですか?」と突っ込む。「いやそんなことないですよ」と香りを嗅いでみるが、「何も臭わないですよ。あれ、でもちょっと噛んでみよう」と、口に入れる。「あ、固い、やっぱり石です。違いますよ」と言った瞬間、ガリッと音がして、白くコーティングされて中の茶色いモノがのぞいた。「あ、チョコレートだ。中にナッツが入っている」だと。アナウンサーもNNご自身も、その天然ぶりに唖然。話題はすぐに変えられたが、音が消えて次のコーナーに移るシーンでは、二人で笑い合う姿が映し出されていた。

人のこころを鷲摑みにする。確か九州は佐賀の出身、山羊座O型ではなかったか。シリアスからコメディ・コントまでこなす凄い女優でござるのう。今回は、つまらないものを全く斬っていないというか、バッサリとつまらない拙者が斬られた感じがするのう。花山大吉

|

« 面白いは週刊誌Sだけ | トップページ | 見掛けは侍でござる。失笑 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 面白いは週刊誌Sだけ | トップページ | 見掛けは侍でござる。失笑 »