« 両人とも自分に甘い | トップページ | オウム事件と北朝鮮と中国 »

2007年6月18日 (月)

あの方も半島出身とか

朝鮮総連本部不動産の売却事件に関して、法曹元幹部やら公安調査庁元幹部が登場しておる。さらにこの事件には、現在、日本国内でフィクサーと呼ばれる人物は、極めて数少ないが、その一人が登場する。これまでに多くの経済事件で登場し、恐喝事件で本人が逮捕されたこともある御仁。

この恐喝事件に関しては、冤罪説もある。たまたま研ぎに出した日本刀を研ぎ師から引き取り(煌びやかな布に包まれていて、すぐに中身が推察されるできる状態だったが)、その足で借金の回収に行ったことを誤解されたというもの。当時、彼は多くの政治家のタニマチ的な活動やら、トラブル処理を請け負っていたために、反対勢力から指されたという陰謀説が背景にある。

それはともかく、このフィクサーも半島系出身という噂があるのだ。ただし、現在のところ、愛国的活動をされており、生粋の日本国民よりも右側におられる。これは、農民出身でありながら、最後は憧れた生粋の武士よりも武士らしく武士道を歩み抜いた、新撰組の侍らに通ずる生き様のようにも感じられる。この話を敢えて記すは、仮にそうであったとしても、このフィクサーが半島系の人たちの動きと連動していると思えないと、拙者が判断したためでござる。彼は侍でござるからな。花山大吉

|

« 両人とも自分に甘い | トップページ | オウム事件と北朝鮮と中国 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 両人とも自分に甘い | トップページ | オウム事件と北朝鮮と中国 »