« 侍の死は逃げであってはならぬ | トップページ | 怒るべきところだがどうするI監督 »

2007年5月29日 (火)

W氏はフケ2でござる

自らの生き方を肯定するために書いたような本ー鈍感力ーの著者W氏は、エロエロでフケ2だ。手書き原稿に鼻くそをにじり付けていたりする。男の編集者だとそうなるらしい。小泉純一郎の片棒を担いでいた評論家I氏は、作家だったのか。作家だから、道路公団の解体を骨抜きにしてしまうんだよ。まともな作家は少ない。本当だよ。花山大吉

|

« 侍の死は逃げであってはならぬ | トップページ | 怒るべきところだがどうするI監督 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 侍の死は逃げであってはならぬ | トップページ | 怒るべきところだがどうするI監督 »