« 女房を献上して社長になれるか | トップページ | ならヴォーグはどうなるのよ »

2007年4月 5日 (木)

ジャーナリストは疑うことが仕事

関西の色物芸能事務所の内紛が勃発。週刊誌のG、S、Mの三誌が報道している。週刊誌Gで執筆しているのは、ライターM。彼はかつて月刊誌Gで元漫才師SSの女性マネージャへの暴力事件について、大物漫才師NKに何故かインタビューしていた過去がある。今回も、週刊誌Gで名前を伏せたが、漫才師NKがネタモトであることは明白。NKの指示に従って芸能事務所の本を執筆したとの噂もある。一方、週刊誌Sは当事者の創業者一族女性の独白調。そして週刊誌Mは、新聞社系だが最もバランスのとれた記事となっている。事件系の取材では、ネタ元に丸乗りしてはならないのがジャーナリストの鉄則。ネタをもらす思惑がネタ元に必ずあるからだが、ライターMは、この手の取材の素人らしい。元は広告屋さんらしい。なーんだジャーナリストじゃないのか。なら仕方ないや。花山大吉

|

« 女房を献上して社長になれるか | トップページ | ならヴォーグはどうなるのよ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 女房を献上して社長になれるか | トップページ | ならヴォーグはどうなるのよ »